独学

社労士【独学合格】できる人とできない人を比較!費用or時間で決めよう!

(※更新日 2021/05/21)

ども、社労士しゅん太郎と申します。

さっそくですが、社労士資格は独学で合格できるのか?

答えは、【YES】。

ただし、最悪の場合何年もかかっていいのなら

もし一文を読んで、気持ちが少しでもぶれたなら社労士予備校をおすすめします。

ここでは、社労士を独学で目指していい人とダメな人の比較を紹介

  • 独学で目指していい人
  • 独学で目指してはダメな人
  • 独学と予備校の比較

この記事を読み終わってもなを、気持ちがブレないならあなたは社労士を独学合格できる可能性があります

しゅん太郎
しゅん太郎
この記事を読んで独学志向がぶれないか挑戦だ‼

社労士独学合格できる人とできない人

社労士資格を、独学で目指すのが難しい理由はいたってシンプル。

  • 法律文章に慣れていない
  • 範囲が広すぎる

法律文章に慣れない上に、範囲が広い、、、挫折以外の選択はありません

とはいえ、社労士を独学合格するスッゴイ人がいるのもまた事実。

しゅん太郎
しゅん太郎
できる人できない人の違いはなんだろう

独学合格できる人

  • 実務経験がある(実務度
  • 法律勉強をしていた(理解度
  • 社労士受験の経験者(経験度

この3つは、社労士を独学で目指す上でかなりのアドバンテージです。

ある程度の社労士知識をもっていることはもちろん、、、それ以上に大事なものをもっています

社労士試験の【ものさし】をもっている

これ、めちゃくちゃ大事

社労士の科目範囲を見てください。

社労士試験の科目範囲

  • 労働基準法
  • 労働者安全衛生法
  • 労働者災害補償保険法
  • 雇用保険法
  • 労働保険徴収法
  • 労働一般常識
  • 健康保険法
  • 国民年金法
  • 厚生年金法
  • 社会保険一般常識

計10科目が社労士試験の範囲になります。

おそらく、ほとんどの人が『範囲が広いなぁ』って思うはずです。

しゅん太郎
しゅん太郎
でも大事なのはその先

範囲がどれくらいのボリュームなのかイメージできる

初学者で独学だと、範囲やペース配分がイメージできても自分がどれくらいの早さで理解できるかまでは予想できません。

例えば、『フルマラソンを4時間で走れ』と言われたとします。

距離ペース配分は理屈でわかっても、自分の体力がどれくらい持つかは走ったことがない人にはイメージできないのと一緒。

  • 実務度
  • 理解度
  • 経験度

実務経験者たちはいずれかの経験が備わっています。

つまり、社労士試験がどれくらいのボリュームなのか【ものさし】で測ることができる。

しゅん太郎
しゅん太郎
独学で効率的に学ぶならかなり重要

独学で社労士を目指すなら、絶対ゆずれないテキストはこちら

https://syuntaroo911.com/sr-kyoumi

独学合格できない人

では一方、社労士を独学で目指すのが難しい人はどんな人か。

  • 時間の確保が難しい
  • 費用へのこだわりが弱い
  • 質問ができる環境がない

社労士試験の受験生は、ほとんど社会人。

社会人をしながら勉強時間の確保は、思っている以上に大変です。

社労士合格の勉強目安時間は1000時間

期間でいう目安は、半年~1年ってところです。

ペース配分イメージ

  • 10か月の場合
    1000h÷300日=3.33
  • 6か月の場合
    1000h÷180日=5.55

10か月でさえ、毎日と思うと社会人ならキツイと想像つくはず。

効率的な勉強で質の高い時間にすることが大切

初学者&独学の場合、それがなかなかできない。

  • 紙テキストがメイン
  • スケジュールをたてる
  • 解らない所は自ら情報収集

社会人ならスキマ時間いかに活かすかなので、紙テキストだけでは非効率。

しゅん太郎
しゅん太郎
web講義やアプリめちゃ大事

とくに、スケジュールや情報収集は初学者の独学ではかなりハードルが高めなスキル。

スケジュール情報収集、、、その労力は勉強時間に費やすべき

独学の唯一のメリットは、費用を抑えられること。

費用の節約】と【価値ある時間】を天秤にかける

独学だからと費用を抑えることだけにとらわれないようにしよう。

しゅん太郎
しゅん太郎
目的は社労士合格‼

独学スタイルで学ぶ予備校はこちら

https://syuntaroo911.com/sr-yamakawa

 

社労士予備校と独学を比較

社労士予備校と独学の違いってなんだろ?

  • 社労士予備校のメリット
  • 独学はいくらかかる

この2つの比較で、独学でいくべきかの判断がつくはず。

おそらく、【独学で目指す意味って?】となると思います。

社労士予備校の特長

独学と比べて、社労士予備校は圧倒的に快適な勉強環境であることは間違いなし。

  • スキマ時間をフル活用
  • スケジュールは予備校任せ
  • 情報取集も予備校任せ

社労士予備校の何が強みって、web講義やスマホアプリでいつでもどこでも勉強できる点。

しゅん太郎が受験した10年前くらいなら『独学でも行ける』って結構強めに言えたけど、今はweb機能は無視できない

シンプルに社労士の勉強だけに集中できる

定期的に科目別のテキストが届くので、そのペースに合わせて勉強できるしスキマ時間をフル活用できる。

費用を惜しまなければ、快適な勉強環境が用意されるのは間違いなし。

独学の特長

独学ってホントに費用を抑えられるのか?

そもそも社労士を独学で目指すと言っても、揃えるものが結構あります。

独学合格するための必須アイテム

  • 科目別テキスト
  • サブテキスト
  • 問題集&スマホアプリ
  • 模擬試験
  • 法改正対策

とくに科目別テキストは絶対ゆずれないアイテムです。

[itemlink post_id=”4151″]

辞書のように分厚い網羅的テキストは、重要なポイントを理解している経験者だから使いこなせます。

初学者の独学なら、網羅的テキストはサブにすべき。

[itemlink post_id=”4150″]

あれよこれよと必要なものを揃えていくと、いくらかかるのか

しゅん太郎
しゅん太郎
ざっと4万~5万

本気で社労士を目指す万全な独学環境を整えるのに、実はけっこう費用が掛かります。

ちなみに社労士予備校は、安いところで5万円~

 

たった、数千円を節約するために独学で学ぶ意味って、、、

 

そもそも、『独学で費用を抑える』は成立していません

もちろん、分厚いテキスト&問題集を1冊だけなら1万円もいきません。

ただ、法改正がメチャクチャ多い社労士試験をそれだけのテキストで独学合格ははっきり言って無謀。

 

さらに、さきほど挙げたポイントで一番の問題点

  • スケジュールをたてる
  • 自力で情報収集

じつはこれ、思っている以上に労力を使うんでかなり時間をムダにします

最悪の場合、モチベーションに影響して挫折してしまう可能性もあるほど。

しゅん太郎
しゅん太郎
経験があるからこそできる技

 

でもまずは独学で目指そう

どっちやねん‼』

社労士予備校押しで説明してきましたが、決して独学を否定しているわけではないんです

独学で学ぶ本当のメリットは費用ではない

独学って、つい費用が安くすむって思いがちですがメリットはそこじゃないんです。

本気で目指すか自分を試す

独学の期間は、個人的にかなり大事だと身をもって実感しています。

自分が本気で社労士を目指したいかを試す期間

そこが独学の神髄というかメリットなんです。

しゅん太郎も、独学期間3カ月予備校12ヵ月で社労士合格を勝ち取りました。

しゅん太郎
しゅん太郎
独学3カ月がめちゃ効果あった

  • 自分は本気か
  • 費用より時間や効率
  • もっと深く社労士を知りたい

そんな思いを試すのに、独学期間ってけっこう大事なんです。

しゅん太郎は、社労士予備校の通学講座で学んだんですが徐々に受講生が1人2人と減っていきました。

結果、合格者リストにはいませんでした。

初っ端から社労士予備校は、『途中で学ばなくなる』そんなデメリットもあります。

しゅん太郎
しゅん太郎
まずは自分を試そう

ちなみに、独学期間はクレアールをチェック

資料請求すると、ベストセラーの【非常識合格本】が無料で貰えます。

勉強法の役にたつんで興味があればこちら

https://syuntaroo911.com/kurea-ru

 

独学→予備校は吸収力が違う

これはかなり実感したポイントです。

独学からの予備校テキストはめっちゃわかりやすい

独学の時の悩み

  • どこが重要
  • ペース配分
  • 勉強仲間がいない

とくにどこが重要かわからず、1ページごとにひたすら細かく暗記して疲れ果てるのルーティンでした。

それでもめげなかったので、『本気で社労士になりたいだ』と自覚して予備校に通う決意をもてました。

気持ち新たに社労士予備校のテキスト(ちなみに大原)になってからは、見やすさで吸収力がグッと向上

しゅん太郎
しゅん太郎
独学からの雑草魂は大事

最初から、温室の社労士予備校に通っていたらありがたみを感じなかったと思います。

社労士予備校に興味があればこちら

https://syuntaroo911.com/sr-rk

 

ということで、独学できる人できない人でした。

いかかでしたか

それでも独学だ』ってぶれないのであれば、あなたは十分可能性はあります。

でも目的は【社労士合格】なんで、独学に限界を感じたら予備校も検討していきましょう。

しゅん太郎
しゅん太郎
どっちで目指そうが社労士仲間として応援します

参考までに、しゅん太郎が社労士を一発合格できた予備校は【資格の大原】です。

https://syuntaroo911.com/sr-oohara